弁護士の資格

任意整理は一般的には負債の整理とも呼ばれており各貸方へ返金を継続することを選択した債務整理の手順なのです。

 

実際としての流れは、司法書士または弁護士の資格を持つもの債権を有する者と債務者の間に入って話し合い、法に従い適切な利息計算を行って一から計算した元金にかかる金利を少なくする方法で3年程度の期間をめどに返済を行っていく借金の整理の方法です。

 

任意による整理はいわゆる裁判所のような国の機関が口出しすることがないため他の選択と比較すると、手続きを行った際のデメリットとなる点が最も小さく過程は最も圧力がないため、一番初めに比較していただきたい方法でもあります。

 

それから、債権を持つものがサラ金業者のようにとても高額な年利だった場合は利息に関する法律で決められている金利などに追加して振り込んだ金利にあたってはその元金に充てられると判断され元金それそのものを少なくすることも可能です。

 

なので、サラ金業者のような高い借入金利を取る業者に対して何年も返済してきた例ではある程度の支払額を減らすことができることもありますし10年以上返し続けている場合には元金自体がなくなる可能性もあります。

http://blogcity.jp/page.asp?idx=10035864

債務の整理の良いところは、破産宣告と違い一部のお金のみを処理することになりますので他の保証人が付く負債額以外だけで処理していく際や住宅ローンの分を別として手続きしたい場合等においても使うことが可能ですし全ての財産を処分してしまう必要がないためマイカーや土地などの個人資産を所有しているものの手放したくない状況でも有力な選択肢になる借金整理の手続きといえます。

 

ただ、後々の返済に必要となる額と現実として可能な手取り額を比較検討して、だいたい返済の計画を立てられるのであれば任意整理の手続きを進めるほうが良いですが、自己破産手続きと違い返済義務そのものが消えてしまうのではありませんので元金の総額が大きい状況の場合、残念ながら任意整理の方法を取るのは困難になると判断することになるでしょう。